• ono890

TIESシンポジウム2020のご案内

最終更新: 3月24日



新型コロナウィルス感染症の世界的な流行は収まる気配がみえず, 日本もいつ終息するか分からない状況です.その中で,日本の教育は否応なしにオンライン教育を強制されるようになってしまいました.オンライン教育に遅れていた日本の教育も,学校ではオンラインでの授業が否応なく進められ,教育の在り方も大きく変わらざるを得ない状況が続いています. しかし,世界では,新型コロナウィルスによる影響を受けるはるか前から,教育のオンライン化は幅広い支持を受けており,その中で,オンライン教育を実現するためには,教育のオープン化は欠かせないものになっているという認識もまた,世界中の教育者の中に広く浸透していたのです。 今後,日本においてもオンライン教育を継続するために,教育のオープン化は,避けては通れない課題となるでしょう. そうして,オンライン教育と教育のオープン化が進展して行くとことにより, 今日の教育の在り方は大きく変わるといわれています.今日の古い学歴社会は,教育のオープン化により色あせ,学習歴社会、さらには来たるべき将来の学習社会へと繋がって行くと考えられているのです. その未来の学習社会においては重要な役割を果たすのが,デジタルバッジです, デジタルバッジは,未来の教育においては,今日の卒業証書などとは比較にならない重要な役割を果たすことになるでしょう.

IMSには,デジタルバッジの標準規格としてオープンバッジがあります.山田恒夫先生は,日本IMS協会デジタルバッジ関連標準国内導入検討部会部会長として,未来の学びとオープンバッジの世界を基調講演としてお話し頂けることになっております.


また,2020年4月からは授業目的公衆送信補償金制度も開始され,オンライン授業支援の強化が果たされています.教育のオープン化にとってコンテンツのオープン化と著作権は真剣に取り組まなければいけない課題です.これを機会に,オンライン教育と教育のオープン化そして未来の学びをもう一度考え直してみたいと思い,本シンポジウムを企画いたしました. 本シンポジウムでは,山田先生のほかに,オープンエュケーションの第一人者である重田勝介氏、オープンコンテンツを専門とされる古川雅子氏、一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SATRAS)の土屋俊氏の皆様をお迎えし、オンライン学習が教育にもたらす様々な影響と課題について,オンライン教育における著作権,教育のオープン化の進展,教育の様々な場面で利用されつつあるデジタルバッジなどの最新の動向からみた,教えと学びのこれからのあるべき姿を議論していきます.


皆様のご参加をお待ちいたしております.



19回の閲覧