CASE研究会第3回例会のご案内(2021/10/11)

本研究会は、IMS Global Learning Consortium (IMS Global)のeLearning 技術標準、CASE(Competency and Academic Standards Exchange)に関する研究会です。日本IMS協会によって運営されていますが、どなたでも参加できます。

**********************************************************

CASE研究会第3回例会のご案内

日時:2021年10月11日(月)午前10:30-12:00

場所:オンライン(ご登録の方に、後ほどお知らせします)

登録:ご参加の方は、電子メールかSlackでお申し込みください。

内容:

10:30-11:00

「Learning Impact Conference 2021報告:CASE関連」(サイバー大学・田中頼人)

本日からIMS GlobalのLearning Impact Conference 2021が開催されています。ご参加いただいたみなさんからそのトピックについてご報告いただきます。

11:00-11:25

「OpenSALTの高等教育・生涯学習分野での適用事例」(放送大学・山田恒夫)

放送大学では、あくまで検証用ですが、情報処理学会情報処理教育委員会およびデータサイエンス教育委員会の許諾をいただいて「DSカリキュラム標準」を、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムの許諾をいただいて「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム」および「数理・データサイエンス・AI(応用基礎レベル)モデルカリキュラム」を実装しました。当日、これを操作いただきながら、マイクロクレデンシャルほか、教育デジタルエコシステムでどう活用するか議論します。

11:25-11:45

「今後の展開に向けた情報共有」(話題提供:帝京大学・宮崎誠、内田洋行:森下誠太)

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

「情報処理」誌にCASEの記事が掲載(2021/09/15)

情報処理学会の「情報処理」誌に掲載されました。 http://id.nii.ac.jp/1001/00212784/ ぺた語義:学習目標と評価ルーブリックのための技術標準:デジタルエコシステムをトップダウンでイメージする 山田 恒夫 情報処理, Vol.62, No.10, pp.549-549 (2021-09-15) http://id.nii.ac.jp/1001/00212785/ ぺた語