「【IMS Japan トラック】1人1台PC学習環境による学びとIMS技術標準」のご案内

更新日:2日前

2021年11月11日(木)から開催されます「eラーニングアワードフォーラム 2021 」において、「【IMS Japan トラック】1人1台PC学習環境による学びとIMS技術標準」のオンラインセミナーが行われます。詳細は下記の通りです。


日時:2021年11月12日(金) 10:20~11:50

方式:オンライン


講師・プログラム

1.【講演】IMS技術標準の全体像

   山田 恒夫氏 日本IMS協会理事・運営委員長


2.【講演】IMS技術標準とオンライン学習システム

   畠田 浩氏


3.【パネルディスカッション】GIGAスクール構想の先にあるもの

   コーディネーター:常盤 祐司 日本IMS協会 技術委員長

   パネリスト:下川和男氏、佐々木公博氏、森下誠太氏



  • 常盤祐司 氏 (一社)日本IMS協会 技術委員長、IMS Japan賞選定委員。IMS技術標準およびEdTechの研究/開発やコンサルティングを行っている。最近は教育領域におけるDigital Transformation(DX)に関心がある。 畠田浩史 氏 株式会社内田洋行 ICTプロダクト企画部 部長、(一社)日本IMS協会 LTI関連標準国内適用検討部会主査。オンライン学習推進コンソーシアムは、文部科学省が主導する令和三年度「オンライン学習システムの全国展開事業」を受託・推進する、民間・大学にて組織するコンソーシアム。 下川和男 氏 イースト株式会社 取締役会長、(一社)日本IMS協会 運営委員。 佐々木公博 氏 (一社)日本IMS協会 Caliper関連標準国内適用検討部会。 森下誠太 氏 (一社)日本IMS協会 CASE研究会 初中等教育分科会。研究会では、学習指導要領コードのCASE化(一部)を実践。内田洋行では教育コンテンツ配信システムEduMallの企画・開発を担当。

========================== 【このような方向けの講演です】 学校関係者(省庁、教育委員会、学校教員(主に小・中学校))、企業担当者。 【講演の特徴】 データの標準化と国際技術標準 学習eポータルとオンラインテスト(CBT) GIGAスクール後の新しい学びとICTの役割



下記URLより、お申込ができます。


https://www.elearningawards.jp/program1detail.html#65


ご参加お待ちしております。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示