Sharebar?

Won't You Give Me a Reason Why?
(あなたは私にその理由を教えてくれませんか?)

IMS Global CEO Rob AbelIMS Global CEO、 Rob Abel、教育学博士 | 2019年6月

"Won't you give me a reason why?(あなたは私にその理由を教えてくれませんか?、理由なき別離)" ― Dave Mason(デイヴ・メイスン)

IMSメンバーではない大多数のセクター参加者にとって、自分の仕事が何を成し遂げたかという点で、IMSメンバーのリーダーシップがどれくらい特別なものであると思いますか。テクノロジーの世界ではめったにありませんが、ごく小さな作業と投資が多くの恩恵を受けています。
 
何千もの教育セクターの組織が毎日IMSの活動の恩恵を受けているというのは正確だと言えます。 IMSの活動は教育テクノロジーセクターで非常に普及しているので、何らかの形でIMSの活動から恩恵を受けない教育機関を見つけることはますます困難になっています。500を超えるメンバーは、技術標準に取り組んでいる組織にとっては多数ですが、私たちが生み出しているユビキタスな影響に比べると非常に少数です。
 
IMSは教育部門の変革的なリーダーシップに焦点を当てているため、IMSはこのような影響を与えています。過去13年以上に渡って私たちがこれを表した省略名は、Learning Impactです。組織レベルであろうとセクターレベルであろうと、変革的リーダーシップは、「なぜ」を明確に達成することを必要とします。  はい、「どのように」もありますが、「どのように」は「なぜ」によって導かれるよりも、はるかに効果的です。十分な「なぜ」がなく「どのように」と「なに」だけのEdtecがあまりにもたくさんあります。明確な「なぜ」がなくて、「どのように」あるいは「なに」を行うと、通常、採用率が低くなり、影響が少なくなり、持続可能性が失われます。
 
IMSのテーブル(10倍以上に成長したテーブル(最近発表されたIMS Annual Reportを参照))のまわりに集まっている私たちそれぞれにとって、本質的には「なぜ」を理解し、焦点を当て続けることです。最終目標には、相互運用性と標準が含まれます が、新しい世代の課題に対応するために必要な教育的変革のより高い目的の「なぜ」を可能にするものとしてです。教育システムが、新しいモデルや測定基準に基づいて発明され拡大される必要があるプログラムや経路を通じて、より多様な入力と出力をサポートする必要があることは明らかです。
 
「どのように」は、教育セクター全体を向上させる共有投資に貢献する大規模なデジタル変革イニシアチブです。相互運用性の標準は、それらがプラグアンドプレイを実現できるのであれば、低コストで拡張するための不可欠な基盤になります。 一つの接続されたエコシステムへのすべての参加者のための投資と収益の共有は、このセクターを横断する変革の基盤です。共有するROIに共有する投資がないと、将来の課題に立ち向かうことができるかどうかは非常に疑問です。
 
IMSの「なに」はあなた、つまりIMS会員コミュニティです。 IMSは、教育セクターのための教育セクターからのリーダーシップです。IMSはあなたによって設立され、供給され、そして主導されるあなたの組織であるため、あなた(IMSの対等なパートナーとしての教育機関とサプライヤ)は、「なぜ」と「どのように」を進化させます。 IMSモデルでは、メンバーは費用と意思決定を公平かつ持続的に共有します。したがって、大きな分野であるEdtech分野では大きくはありませんが、IMSは主に投資と開発のパートナーシップです。私たちは驚くべきことに、多くの人にとって(このセクターの他のどの組織よりも標準が優れている場合でも)標準的な組織ではありません。 IMSは、「なぜ」を達成するのに役立つのであれば、他の場所で作成された標準を非常に喜んで活用します。
 
あなたとあなたの組織が、教育変革におけるリーダーシップとそれを可能にするために必要な相互運用性標準の非常に重要な基盤という観点から、IMSが提供するユニークな機会を利用することを私は心から願っています。 IMS Globalのコミュニティモデルは、効果的で持続可能なものであり、私たちがこのセクターを超えて優れたスタッフとリーダーシップを発揮するにつれて日々向上していきます。もっと参加したい場合は、IMSスタッフに連絡してください。