Sharebar?

The K-12 Digital Learning Landscape
(K-12 のデジタル・ラーニングの展望)、ウェビナー録画

 

K-12 のデジタル・ラーニングの展望

2019年~2020年度が進行していますが、デジタル・ラーニングのポリシーや実践において何が新しいでしょうか? このウェビナーではIMS グローバル、デジタル・ラーニング・コラボレイティブ(DLC)とデジタル・ラーニングの年次会議の新しいメンバーが、DLCの2019年のスナップショット・レポートの調査結果を共有して、K-12 デジタル・ラーニングの展望、キートレンドと新しいIMSの革新的なプログラム開発について議論をします。私たちはオンライン学校とコース、ブレンディドとハイブリッド学校の概要、eラーニングの日々のコースへのアクセスを含むポリシー問題とデータの相互運用性と分析を含む専門家の重要な問題を提供します。私たちは学校と学校区がさらに学習し、それぞれの生徒の教育成果の改善を含める方法についても議論します。

講演者:
  • Karen Daughtery(カレン・ドーティ)、IMS グローバル K-12 教育プログラム・マネージャー
  • Jay Heap(ジェイ・ヒープ)、ジョージア・バーチャル学校 バーチャル・ラーニング 理事
  • John Watson(ジョン・ワトソン)、デジタル・ラーニング・コラボレイティブ 創始者、エバーグリーン・エデュケーション・グループ
配信日: 2019年9月25日
録音時間: 44分
 
これは2019年の学校区のカリキュラムと技術者のリーダのための「K-12 イノベーティブ・リーダーシップ・シリーズ」第5回ウェビナーです。